りょうこがシングルマザーになりまして

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうこがシングルマザーになりまして

シングルマザーボックスを運営しているRYOKOのダイヤリー

シングルマザー小学校最後の授業参観に行く

f:id:ryokomama:20170309212159p:plain

 

2月の最後の週に息子の通う小学校最後の授業参観がありました


田舎なので小さな小さな小学校。
クラスも10人以下なので、クラス替えも無く、いつも同じ顔ぶれ。

1年生から年3回行われる、学校へ行こう週間・授業参観。

もちろん行けない日だってありますが、8割は行ったと思います。

低学年の頃はママきてきて!の息子も高学年になれば「え?くるのぉ…」と嫌な感じでした。


しかし母は行きます!!
息子の成長をみたいし、シングルマザーでも学校行事を優先するのがモットーです。


今回は小学校最後の授業参観なので「お母さんありがとう会」でもあります

午後の授業参観に間に合うように、子供たちがサンドイッチを作って、教室は飾りつけられています


教室に入ると子供たちが、「○○君のお母さんはここに座ってください」ともてなしてくれます。

皆でサンドイッチとジュースを食べる、飲む。

そして、それぞれ「おかあさんへの感謝の手紙を読んでくれました」

なかなか息子から手紙なんてくれないので、それだけで感動(´;ω;`)

『お母さんへ
いつも僕の為に、仕事をしてくれてありがとう。
おかげで何不自由なくここまで暮らせてこれました。
中学校に入ったら、部活・勉強本気でがんばります』

泣けます(´;ω;`)ウゥゥ

息子も照れて読んでる所がかわいい!!

そしてみんなそれぞれ、感動の感謝の手紙を読みおわると…

「それでは、校庭の移動してください」
「みんなでドッジビーをします!」


Σ(゚Д゚)「え?ドッジビーするの?」
やったことないし、ドッジビー…


みんなで校庭にでる。
しかも母たちドッジビーするなんて話は全く聞いてないので、高いヒールの靴を履いているお母さんだっています。


私はスニーカーでしたけど…事前にやるので服装の事いうべきです。先生…

しかも、六年生にもなると、すごいフリスビー早いし…動きもおばさんとは全然違う…

逃げ回るおばさんに容赦ない六年生…

そして容赦ない先生
「フリスビー2本でやりましょう!!」

「まじかよ…」

ビュンビュン飛んでくるフリスビー!!!怖い…


もう逃げまくりで、ぜーぜーです(;゚Д゚)


授業参観も終わり、引き続き懇談会。

先生からクラスの様子と残りわずかな学校生活についての話。

f:id:ryokomama:20160705212236j:plain


そして保護者への課題で
「おすすめの本を紹介しよう」の謎の課題。


前日にこれを知り、慌てて家のある本を探し、読み返しました。

前日の紹介の甲斐あり、なんとか紹介できました。
しかしみんな子供でも読めそうな本でしたが、私だけガチの歴史小説…
私だけなんだか主旨が違ってしまったような…


その後は、クラスの授業風景のビデオを見せてもらったり。

卒業式の後の懇親会の話をしたり。

卒業式は本当にあと少しです。